夏場の冷え対策!押さえておきたい3つの事

hiesyou

夏になると暑さがきつくなりますが、そんな夏でも冷え対策は必要となります。

暑いからこそ、デパートなど冷房の効きすぎたところや冷たい飲みもの飲み過ぎなどで冷えを招きやすいという事を知っておく必要があるのです。

まず、家で過ごすときのエアコンの温度設定は26度以上を心がけることが大切です。
温度を下げすぎると体温が下がりますが、血管も縮んでしまい冷えのもとになってしまうのです。

また、お風呂では湯船に浸かることも大切です。

湯船に浸かることで血行も良くなりますし、何より体全体が温まります。

夏場は体の血行を良くして、冷えに備えることが必要なのです。

また、飲み物や食べ物を食べる際などにも少しの注意が重要になってきます。

例えば、飲み物は緑茶やジュース類よりも紅茶などの発酵茶がオススメです。

ジュースなどの糖分を多く含んだ飲み物は体に水分をためやすく冷えの原因になりますし、緑茶やコーヒーなどは体を冷やす飲み物とされています。

夏場は適度に体を冷やしにくい発酵茶を飲むと良いのです。

 

また、食べ物では、冷たいそうめんなどをよく食べると思いますが、冷たい麺を食べる時ほど、

 

体を温めるネギやしょうがを薬味として一緒に食べると急激に冷えることを防ぐことができます。

夏場は上手く冷えを予防することが必要です。