引っ越しシーズンが始まります!予約が取れない中でも、一番安い業者は一体どこ?

3月に入ると、引越し業者にとっては待ちに待った繁忙期のため、料金は強気の価格設定!

 

通常期の2倍~2.5倍にまで跳ね上がり、さらには見積もりの予約すらキャンセルされる時期になります。

 

その中でも安い業者を見つけるためには、今すぐ行動を起こしましょう!

 

早速ですが、単身で荷物が比較的少ない場合は、運送業者のサービスとなる単身パックがお勧めです!

単身パックのサービス業者は、

  • クロネコヤマトの単身パック
  • 日通の単身パック
  • 佐川急便の単身パック
  • 西濃運輸の単身パック

が有名どころです。

 

中でもクロネコは料金が安く、日通には大きなボックスも用意されているため、大きな家電や家財がある場合にはお勧めです。

運送業者の利点は、繁忙期でも料金は跳ね上がらず(若干高くなります)、自宅見積もりも必要としません。

 

自宅見積もりを行わないため、料金は安くなりますが、当日BOX内に収まらないと後日発送や別の輸送方法を考え無ければいけない点はご注意ください。

 

また、ダンボールに収まる荷物のみであれば、宅配便を使った引っ越し方法も御座います。
1箱の最大サイズは160cmまで重さは25kgまでとなっています。

 

依頼先は、

  • 郵便局
  • クロネコヤマトの宅急便
  • 佐川急便

中でも料金を頑張ってくれるのは郵便局となります。回収も可能なのでご検討下さい。

 

また、家族単位となると上記の引っ越し方法は使えませんので、引越し業者に依頼する事になります。

 

大手といわれる業者は

  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • アート引越センター

の3社のみです。

引越しに関しての作業は、この3社が優れており、国内では最大手となっています。

 

料金は大手でも安いサカイとアリさんは互いにライバル業者となるため相見積もりは欠かせません。

また、アートさんは料金が高くなりますが、荷造りグッズに関しては、開発にも時間を掛けているため3社の中でも一番の業者となります。

 

ただし、営業所が異なれば、対応や作業内容は変わってしまうのでここが一番と断言はできません。

 

もしも一番の安い業者を見つけるためには、こちらのサイトの引越し安いところを探すならを参照して下さい。

 

 

多くの業者への見積もりを取れますし、予約が可能な業者を見つけるのにも役に立ちます!

上記の大手を含めてさらに地元の業者も相見積もりに入れて比較していくのが時間も早く、サービス内容から料金が安い業者も分かります。

 

 

また、長距離の輸送となる引越し(500km以上の引っ越し例、東京→大阪間)だと、

  • 鉄道の貨物列車を使ったコンテナ便や
  • 荷物を10tクラスの大型トラックで一気に運搬する混載便

もあります。

こちらは、燃料代と人件費の削減になるエコな引越し方法で、費用が安くなります
(一般的な貸し切り便だと、一家に専用トラック一台でかつ作業員も目的地まで付きっきりのため料金が割高に!)

 

近距離なら、繁忙期でも地元の業者では空きがある場合もあるため、その業者を見つける為にも複数社での比較を行って下さい!